「あなたが必死で身に付けたスケボーのトリックは、すべて間違いかも知れません」しかもそのまま練習を続けると上達するどころか、上級トリックを一生マスターする事ができなく刈る可能性があるんです。

スケボーを知る!歴史(1990〜現代) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■1990年代(第四世代)

ヒールフリップ・スライド・マニュアルなどのプレイスタイルを主体とし、文字どおり街頭の建造物を使用したストリートスタイルが発展する。デッキ裏面には時代の流行音楽を反映し、ハードコアパンクやオルタナティブロック、ヒップホップ調のグラフィックがあしらわれた。また、有名企業の商標をパロディしたものも流行した。


ボード
デッキの寸法は(幅187.5×縦800mm (7.5"×32") )程に収斂されて行く。ボードを水平回転させるトリックが発達したため、どちらが前後になっても問題ないようにノーズとテールは同じ形になり、トリックの成功率を上げるためコンケーブも強めになる。トリックの多様化でボード全面を使う為、デッキ表側全面にテープが貼られる。ウィールの直径は50〜56mm。
逆にそういった主流からはずれ、サーファーやスノーボーダー向けに意図的なスライドやボードの傾斜を意識した特殊なボードも開発されてゆく

競技・環境
スケートボードの宣伝がさらに活発になり、ビデオマガジンが発売された。また、スケートボードやシューズのブランドがスポンサーとなり、プロスケートボーダー4〜6名のチームによる活動を始めた。

■2000年代

従来のスケートボードはストリートスタイル普及の結果、街頭の建造物がスケートボーダーにより破壊される問題が発生し、街頭でのスケートボーディングが一部制限される。代わりにストリートセッション中心の公共スケートパークが増え、パークスケートボーディングが発展した。


プロスケーターからスケボーを基礎から学べるチャンスです!

メニュー

スケボーを知る!(wiki)

当サイトについて

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録